News サッカーニュース

9番熱望のバルセロナがモラタ関係者に接触…さらにユヴェントスへのデパイ売却目指す

2021年12月31日(金) 6:44 

 
バルセロナがアルバロ・モラタの関係者と接触したようだ。『Goal』の取材で明らかになった。昨夏にアトレティコ・マドリーからユヴェントスに期限付き移籍で加入したモラタ。ここまでの1シーズン半で公式戦27ゴールを挙げる同選手だが、セリエAのクラブは3500万ユーロ(約46億円)に設定される買取オプションを行使することなく、来夏のローン契約満了を迎えることが予想されている。そんな中、バルセロナがスペイン代表FWに興味を持っている模様。11月に就任したチャビ・エルナンデス監督は9番の獲得を求めており、去就が不透明なモラタに白羽の矢が立った。バルセロナ首脳陣は、すでに選手側と連絡を取っており、母国帰還についての考えを探っているようだ。シーズン途中でのモラタ加入を目指すバルセロナは、ここまで期待されたほどの活躍を見せられていないメンフィス・デバイをユヴェントスに売却し、取引をまとめることを目指すとみられる。だがユヴェントスはオランダ代表FWのとりわけフィジカル面に疑念を抱いており、このオファーに応じるかは定かではない。なお、モラタの現在の保有元はアトレティコ・マドリーであり、冬の移籍市場でバルセロナが獲得するためには、同クラブとも合意しなければならない。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング