News サッカーニュース

わずか1年でアーセナルと契約解除…ウィリアンが回想「3カ月後には出て行きたかった」

2021年12月21日(火) 7:54 

 
今年の夏にアーセナルとの契約を解除したMFウィリアンだが、わずか3カ月で退団を希望していたようだ。2020年夏にチェルシーを退団し、フリーでアーセナルに加入したウィリアン。しかし、リーグ戦25試合出場で1得点と、思うような活躍を見せることができず。2年間の契約を残したまま、わずか1シーズンで契約を解除。少年時代を過ごしたコリンチャンスへと移籍している。そんなウィリアンは、元イングランド代表DFリオ・ファーディナンドのYouTubeチャンネル『FIVE』で、当時について「僕は幸せではなかった。だからパフォーマンスできなかったんだ。細かいことは言いたくないけど、幸せじゃなかったんだ」と話し、以下のように続けた。「新しいクラブ、新しい仲間、新しいプロジェクトで、良い結果を出したいと思っていたんだ。ただ、3カ月後には代理人に『お願い、出て行きたい』と伝えていた。ビッグクラブだし、サッカー界でも大きな歴史があり、沢山のビッグネームが以前からプレーしていたクラブだから、悪口は言いたくない」「お金は人生で最も重要なものではない。幸せで、喜びを感じ、朝起きてトレーニングに行きたくなることが必要だ。だから、家族や妻と一緒に『もうここにはいられない、ここで幸せになれない、クラブを出て行く道を探さなければならない』と話した。僕にとって、お金のためだけに居たくもない場所に居続けるのは不公平なことだからね」ウィリアンはチェルシーに7年間在籍し、2度のリーグ優勝に貢献してプレミアリーグのトップMFの一人として名声を築き上げた。しかし、アーセナルでは同じようなフォームを見せることができず、2020-21シーズンに公式戦で37試合に出場し、わずか1得点のみに終わっている。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング