News サッカーニュース

ノリッジに勝利も改善求め…ラングニック「もっと激しく、もっとフィジカルなプレーができたはず」

2021年12月12日(日) 8:19 

 
マンチェスター・ユナイテッドのラルフ・ラングニック監督がノリッジ・シティ戦勝利に喜びを語った。マンチェスター・Uは11日、プレミアリーグ第16節でノリッジと対戦。最下位を相手に苦戦するも、クリスティアーノ・ロナウドのPKが決勝点となり、1-0と勝利した。ラングニック監督は「苦労したが、試合のある部分ではうまくいっていた」と振り返った。「他の部分では、強度やボディランゲージが少し足りず、特に前線で、ノリッジほどアグレッシブではなかった。もっと激しく、もっとフィジカルなプレーができたはずだ。最終的には、後半に3、4回の素晴らしいセーブを見せたダビド・デ・ヘアのおかげで、再びクリーンシートを達成できた」一方で、チームに改善も求め、「私たちは、トップ10の中で最も多くのゴールを許している。特にフィジカルの強いチームや、ノリッジのように高い位置から攻撃を仕掛けてくるチームに対しては、まだまだ改善が必要だ」と述べた。戦術面では「戦術レベルを向上させるための時間はそれほど多くない」とし、ノリッジ戦では「戦術やチームメイトとの距離感の問題ではなく、もっと1対1の攻防、セカンドボールの問題だったと思う」と総括した。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング