News サッカーニュース

バイエルン戦後に“八百長”発言のベリンガムへDFBが調査開始…ドルトムントは選手を擁護

2021年12月6日(月) 16:09 

 
ドルトムントMFジュード・ベリンガムの発言を巡って、ドイツサッカー連盟(DFB)が調査に乗り出したようだ。ドルトムントは4日、バイエル・ミュンヘンとの“デア・クラシカー”に臨んだ。一進一退の攻防が繰り広げられた中で同点で迎えた77分、マッツ・フンメルスのハンドを取られてPKを献上。これをロベルト・レヴァンドフスキに決められ、2-3で敗れている。この一戦後、ベリンガムはインタビューで不満を爆発。厳しい言葉でレフェリーを非難していた。「僕からすればPKじゃない。フンメルスはボールを見ていない。競り合った中で当たってしまったが、彼がボールを見ていたとは思えない。この試合の多くの判定を見ればわかると思うけど、ドイツ最大の試合を八百長をしたレフェリーに任せた。一体何を求めているんだ?」これを受け、DFBは主審を誹謗中傷しかねない発言をしたベリンガムを非難。同連盟規律委員会のトップであるアントン・ナクライナー氏は、ドイツ『SID』で「規律委員会は、スポーツ刑法に関連性のあるためにドルトムントの選手、ジュード・ベリンガムの発言を調査する」と発表した。一方、ドルトムントのミヒャエル・ツォルク氏は同メディアで「彼は18歳で、ヒートアップした感情高ぶる試合の後に発言した。このような調査をすべきではない。単に短気なだけだ。今、世界中に広がってしまったが、我々は彼を守りたい。それに、刑法に引っ掛かるような問題があったようには思わない」と擁護している。また、バイエルンのオリヴァー・カーン氏はドイツ『スカイ』でこの件について「私は選手の感情を一番理解できる人間だ。もちろん、行き過ぎであるとは思うが、以前にこのような発言をした選手は思い当たらない。どのようにしてこのような発言に至ったのか私にはわからない」とコメントしている。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング