News サッカーニュース

アザールが抱えるレアル・マドリーへの思い「プレーしていないし得点もないが、クラブへの愛に影響しない」

2021年9月5日(日) 12:35 

 
レアル・マドリーのベルギー代表アタッカー、エデン・アザールはチームで幸せであることを強調した。スペイン『マルカ』が伝えている。

アザールは2019年にチェルシーからマドリーへと加入。だが、スペインでの期待には応えられず、度々激しい批判にさらされている。度重なる負傷もあり、ここまではマドリーの助けとなることはできていない。

そのため、退団の可能性も伝えられてきたアザールだが、ラ・リーガでの生活に不満はないことを主張した。

「僕がレアル・マドリーに不満を持っているというのは事実ではないし、僕はとても幸せだと感じている。あまりプレーしていないし、得点もしていないが、それがクラブへの愛に影響することはない。僕はマドリーの街でとても幸せだ。みんながどう思うかは自由だけど、僕はマドリーで幸せだよ」

さらに、「僕がゴールを決めて、また笑顔になったら、みんなは僕がまた幸せになったと言うだろうけど、僕はもう幸せなんだ。プレーすることが恋しい」と続け、チーム愛を強調した。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング