News サッカーニュース

スールシャール、6失点大敗のトッテナム戦で「マンチェスター・Uのプライドは傷ついた」

2021年4月10日(土) 16:24 

 


マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督は、昨年10月のトッテナム戦大敗によりクラブのプライドは傷つけられたと話した。

昨年10月、本拠地オールド・トラッフォードに元指揮官ジョゼ・モウリーニョ監督率いるトッテナムを迎えたマンチェスター・Uだが、早い時間帯に退場者を出すと、その後大量6失点を喫して1-6で敗れた。1試合にこれだけのゴールを許すのは、プレミアリーグ創設以降、クラブにとって3度目となる歴史的大敗で、この結果に対してはクラブOBから非難の声が相次いでいた。

そして11日に敵地トッテナム・ホットスパー・スタジアムでの一戦を迎えるスールシャール監督は「大きな痛みとともに選手たちはあの試合を思い出すはずだ。我々のプライドは傷ついた。あの敗れ方は、我々のものではなかったし、それを理解している」と話し、リベンジを誓った。

「10人になったことで難しい試合になった。プレシーズンも短く、求められているレベルに達していなかったが、我々はとてもひどかった。選手たちがあの当時よりも良くなっていることを証明してくれるはずだ。改善した最も大きなことはフィットネスレベルだ。シーズンの3試合目で、十分ではなかった」

「それに、騙されたレッドカードの犠牲になってしまったが、あのようなリアクションを見せることはできない。この試合から多くのことを学んできた。今回の試合ではより良いパフォーマンスができると信じている」

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング