News サッカーニュース

43歳ブッフォン、欧州5大リーグ最多出場記録を更新!「最大の満足で最大の誇り」

2021年2月23日(火) 20:15 

 


ユヴェントスのGKジャンルイジ・ブッフォンが22日のクロトーネ戦終了後、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じてセリエA通算654試合出場という新たな節目に到達したことを喜んだ。

43歳のブッフォンは22日、セリエA第23節クロトーネ戦において今シーズンのリーグ戦で5度目の先発。最下位のチームを相手にクリーンシートを記録して3-0での勝利に貢献すると同時に、新たな記録を樹立した。

パルマに所属していた1995年11月のミラン戦で17歳の若さでセリエAデビューを飾ったブッフォンにとっては、クロトーネ戦がセリエAで通算654試合目。これによりヨーロッパ5大リーグにおける歴代最多試合出場記録を保持していた元イングランド代表MFギャレス・バリー氏によるプレミアリーグの653試合を上回った。偉大な記録を塗り替えることに成功したブッフォンは喜びを隠せない。

「這いつくばりながらではなく、飛び跳ねながらこの記録に到達できたことが最も重要であり、僕にとって最大の満足であり、最大の誇りだ。いかにして物事を達成したかで違いが見えてくると思う。現役続行の意思はあるか?僕は毎週、自分のジャンプの幅と高さを測っているが、上手く飛べていると思う間は前へ進み続ける。上手く飛べなくなれば、自らプレーを止めるつもりだ」

続いてユーヴェGKは、現在スクデット争いで首位に立つインテルに言及。「インテルには驚かない。むしろチームの価値を示すことができていなかったことに驚くべきだろう。インテルは、僕らと同じくらい非常に重要な価値があるチームだ」と述べた。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング