News サッカーニュース

初戦落としたユヴェントス、ピルロ監督は開始早々の失点を悔やむ

2021年2月18日(木) 11:24 

 


ユヴェントスのアンドレア・ピルロ監督は、チャンピオンズリーグ(CL)での敗戦に肩を落とした。UEFA公式サイトが伝えている。

ユヴェントスは17日、CL決勝ラウンド1回戦ファーストレグでポルトと対戦。開始2分で先制点を許すと、1-2と敗れている。ピルロ監督は試合後、「開始早々にあのようなゴールを決められると簡単ではない」と振り返った。

「選手たちは自信を失い、それが数分間のパフォーマンスに影響を与えた。幸いなことに、我々はフェデリコ・キエーザが重要なゴールを決めたし、今はセカンドレグに集中するだろう」

「我々はよく準備したと思うが、それは望んでいたアプローチではなかった。すべてのことは、明らかに早い段階で失点すると難しくなる。特に、2本のコンパクトなラインでよく守るチームと対峙するときにはね」

また、試合展開についても「我々はポルトに望むようなプレーをさせてしまった。もっと速くボールを循環させる必要があった」と改善点を口にしている。

なお、セカンドレグはユヴェントスのホームで3月9日に行われる。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング