News サッカーニュース

バイエルン、来季から5年契約でDFウパメカーノ獲得合意…幹部サリハミジッチ氏が明言

2021年2月13日(土) 8:24 

 


去就が注目されていたライプツィヒのフランス代表DFダーヨ・ウパメカーノは、来季からバイエルンへと加わることが確実になった。

バイエルンのスポーツディレクター、ハサン・サリハミジッチ氏は『Bild』のインタビューを通じて「ウパメカーノの移籍はすでに合意している」と明言している。

「新たなDFを探していたが、この課題についてはとても満足できる成果が得られた。私たちはダーヨ本人、そして彼のアドバイザーとここ数カ月にわたって話し合いをしてきた。そして先週、ドーハで関係者たちとの調整を進めてこの話はまとまった。彼はバイエルンのパートナーとなった。今後5年間バイエルンでプレーする」

なお、ウパメカーノはライプツィヒと4250万ユーロ(約53億円)の契約解除条項があるとされ、バイエルンはこの額を支払うことになる模様。この金額はバイエルンにおいて史上3番目の高額な移籍金となる。

バイエルンはダビド・アラバが今季限りの契約となっており、本人は延長契約を交わす意思がないと伝えられていた。また、ジェローム・ボアテングも今季限りでのバイエルン退団が確実視されており、ドイツ王者はその後釜を確保したことになる。

1998年生まれ、現在22歳のフランス代表DFウパメカノはザルツブルクで評価を高め、2017年1月にメインスポンサー“レッドブル”のつながりもあり、ドイツのライプツィヒに移籍。その後もドイツで大きく成長し、19-20シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグでベスト4進出の立役者となるなど、進捗著しいライプツィヒの躍進を最終ラインから支えていた。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング