News サッカーニュース

「GKのミスはいつだって起きる」ワイナルドゥムが非難の守護神アリソンを擁護

2021年2月9日(火) 18:06 

 


リヴァプールのジョルジニオ・ワイナルドゥムは、マンチェスター・シティ戦でミスした守護神アリソンを擁護した。

7日に行われたマンチェスター・C戦に先発したアリソンだが、1-1で迎えた73分からの3分間でビルドアップでのミスから2ゴールを許すなど、リヴァプールは1-4で完敗。これで首位マンチェスター・Cとの勝ち点差は10に広がり、プレミアリーグ連覇は絶望的となった。

そんなブラジル代表守護神に対しては、元リヴァプールのスティーヴ・マクマナマン氏が「このゴールキーパーはプレミアリーグとリヴァプールにとって最悪の試合を演じた。本当に素人じみたミスでリヴァプールの手に負えないものにしてしまった」と辛辣な言葉を送るなど、痛烈な批判が巻き起こっている。

しかし、これまでにも何度となくチームの危機を救ってきたアリソンに対して、ワイナルドゥムはクラブの公式ウェブサイトで「フットボールをプレーするとき、誰だってミスをすることがある。シーズンを通して見れば、どれだけたくさんの選手がミスしたかなんて僕にはわからない」と話し、擁護を続けた。

「一方で、彼は本当に何度も僕たちを助けてきた。ゴールキーパーのミスはいつだって起きるもの。試合の中で修正しようとするしかない。彼のために巻き返せなかったことに僕たちは結果以上にがっかりしている。なぜなら、彼は加入以降、何度も僕たちを助け、トロフィーを勝ち取ってきたんだ。彼のために試合を変えることができなかった」

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング