News サッカーニュース

チェルシー、ジョルジーニョのPK弾でダービー制し2連勝!ケイン欠くトッテナムは3連敗…

2021年2月5日(金) 6:52 

 


現地時間4日、イングランド・プレミアリーグ第22節では、トッテナムとチェルシーによるロンドン・ダービーが行われた。

エースのケインが負傷離脱を強いられ、リーグ戦2連敗を喫するなど失速気味のトッテナム。一方、トゥヘル体制2試合目にして初勝利を挙げたばかりのチェルシーはチーム状況が上向きつつあり、トッテナムとは対照的なチーム状態でダービーを迎えた。

開始早々、ロングパスにヴェルナーが頭で合わせるチャンスを作ったチェルシーが、立ち上がりからボールを支配してトッテナムゴールへと迫る。70%以上のボールポゼッション率で完全に主導権を握ったチェルシーに対し、トッテナムはゴール前を固めてカウンターを狙う。

迎えた24分、エリア内右でボールを受けたヴェルナーに対し、ダイアーがボールを奪ったものの体勢を崩して倒れてしまう。倒れた状態でボールを蹴ろうとするが、ヴェルナーの足を蹴る格好になってしまい、チェルシーにPKが与えらえる。このPKをジョルジーニョが冷静に沈め、チェルシーが先制に成功する。

その後も圧倒的にボールを支配してペースを握るチェルシーだったが、36分にアクシデントが発生。チアゴ・シウヴァが右足を痛め、クリステンセンとの負傷交代を余儀なくされた。

防戦の続くトッテナムは42分、右サイドからのFKをソン・フンミンがゴール前に入れると、オーリエが頭で合わせるもゴール右へと外れる。

チェルシーが1点をリードしたまま迎えた後半、追いかけるトッテナムが前半よりもぼーるボールを保持できるようになる。しかし、チェルシーは前半よりもカウンター気味にトッテナムゴールへと迫っていく。

65分にハドンソン=オドイに代えてプリシッチを投入したチェルシーは直後の66分、マウントのクロスにプリシッチが飛び込むが、ここはGKロリスがかろうじてブロック。68分にはドリブルでエリア内に侵入したコヴァチッチがそのままシュートを放つが、これはゴール左へと外してしまう。

反撃に出たいトッテナムは69分にエンドンベレとベルフワインを下げてラメラとルーカス・モウラを投入。一方のチェルシーもコヴァチッチに代えてカンテを投入する。攻勢を続けるチェルシーは76分、エリア内左でヴェルナーからのパスを受けたマウントが左足でシュートを放つも、枠を捉えたシュートはGKロリスがファインセーブで切り抜けた。

シュートチャンスを全く作れないトッテナムは70分、ラメラが右サイドからカットインして左足でシュートを放つと、GKメンディが横っ飛びではじく。これがトッテナムにとって後半最初のシュートとなった。

84分にはルーカス・モウラがやや強引にミドルシュートを放つが、枠を捉えることができず。87分にはオーリエの右クロスをファーサイドでカルロス・ヴィニシウスが頭で合わせる。しかし、頭一つ抜けたヘディングはゴール左へとわずかに外れ、決定機を決めきることができない。

アディショナルタイムの3分間も1点を追うトッテナムが猛攻を仕掛けるが、逃げ切りを図るチェルシーはゴール前を固めてトッテナムのロングボールやクロスボールをことごとく跳ね返していく。最後までトッテナムにゴールを許さなかったチェルシーが、ジョルジーニョのPKによるゴールを守り切り、ロンドン・ダービーを制して2連勝を飾った。

■試合結果
トッテナム 0-1 チェルシー

■得点者
トッテナム:なし
チェルシー:ジョルジーニョ(24分PK)

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング