News サッカーニュース

サラー「VARは好きじゃない。試合を壊す」…リヴァプール不調の要因にも?

2021年2月1日(月) 19:53 

 


リヴァプールのモハメド・サラーがウェスト・ハム戦後、審判団への不満をあらわにした。『スカイスポーツ』が伝えた。

リヴァプールは1月31日、プレミアリーグ第21節でウェスト・ハムと対戦。前半をスコアレスで折り返したものの、後半にサラーが2ゴールを挙げ、3-1と勝利している。サラーはチームの不調に終止符が打たれたことに安堵しつつ、これまではVARが影響を与えてきたと認めている。

「前から思うけど、僕はVARが好きじゃないんだ。シーズンの初めから、僕の意見では、それがゲームを殺している。正確にラインの右側にいなければすべてオフサイドになってしまう。他の国ではそれでいいんだ。罰金を取られたくはないが、これは僕の意見だ。VARが好きではない」

リーグ戦5試合未勝利を経験したリヴァプールだが、トッテナムとウェスト・ハムに連勝し、3位へ浮上。首位マンチェスター・シティとは1ポイント差となっている。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング