News サッカーニュース

クルトワ、オサスナ戦強行開催のラ・リーガに憤る「僕たちはマリオネットじゃない」

2021年1月11日(月) 0:42 

 


9日のラ・リーガ第18節、レアル・マドリーは敵地エル・サダールでのオサスナ戦をスコアレスドローで終えた。GKティボ・クルトワは、移動のプランが狂い、ピッチコンディションも劣悪な中で試合が強行開催されたことについて、ラ・リーガへの憤りを露わにしている。

首都を中心にして記録的な大雪が降るスペインで、マドリーはラ・リーガの要請を受けて予定していた試合当日の朝ではなく前日にパンプローナに移動することになったが、視界不良のために航空機が飛ばず4時間にわたって機内で待ち続けるハプニングに見舞われた。そうして同様に雪が降りながらも、オサスナ側が最低限のピッチコンディションを維持して行われた試合は、スコアレスドローで終了。マドリーは試合終了の時点では、滑走路の凍結により、いつ首都に戻れるかが定かではない状況となっている。

試合後、ジネディーヌ・ジダン監督は「フットボール試合じゃなかった。延期すべきだった」と話していたが、スペイン『モビスタール・プルス』とのフラッシュインタビューに応じたクルトワも同様の見解を口にした。

「オサスナのスタッフがこうしたピッチコンディションを維持してくれたのには感謝しなくてはならない。が、ラ・リーガが僕たちにしたことは嘆かわしい。チームはプレーしたけれど、滑走路が凍っているために帰ることができない。僕たちは見せ物じゃなくて、人間なんだよ」

「僕たちは彼らが頼んでいることをしていると思う。そして試合に参加しなかったら勝ち点3を剥奪されるわけだ。でも、僕たちはいつどんなときにもプレーするマリオネットじゃない。今日は何とかプレーをしたけれど、移動など僕たちにとって理にかなうことを考えなくてはならない。結局、家に帰らなくてはいけないんだから」

また試合自体については、次のように振り返っている。

「僕たちはチャンスをつくるための明確なプレーを見せられなかった。スペースが少ししかなくて、おそらく背後を突くような動きが足りなかったのだろう。でも、僕たちは失点もゼロに抑えて、少なくとも勝ち点1を獲得した。ラ・リーガを勝ち取るためには、こういったピッチで勝たなくてはならない」

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング