News サッカーニュース

エイバル、驚異の才能B・ヒルの2発で6試合ぶり勝利!乾貴士は先発、武藤嘉紀は途中出場

2021年1月4日(月) 23:40 

 


3日のラ・リーガ第17節、エイバルは本拠地イプルーアでのグラナダ戦に2-0で勝利した。MF乾貴士は先発出場で68分までプレー。FW武藤嘉紀はベンチスタートで75分からピッチに立っている。

5試合勝利なしで2020年のラ・リーガを終えたエイバル。グラナダを迎えたこの試合では、いつも通り左サイドのブライアン・ヒルが攻撃を率先してゴールを狙っていく。9分にはそのB・ヒルのクロスから、右サイドから内に絞り込んでいた乾がヘディングシュートを放ったが、これはGKルイ・シルバの正面に飛んだ。

試合を優勢に進めるエイバルが先制点を決めたのは、55分のことだった。キケ・ガルシアがペナルティーエリア内でエレーラに倒されてPKを獲得。キッカーのエスポシートのシュートはR・シルバに弾かれたが、こぼれ球をB・ヒルが押し込んでいる。

メンディリバル監督は68分に交代カードを切り、乾を下げてアルビージャを投入。アルビージャが右サイドバックとなり、そこに位置していたポソが乾に代わり右サイドハーフを務めた。また75分にはエンリクとの交代で武藤がピッチに立っている。

そしてエイバルは76分に追加点を獲得。B・ヒルが左サイドから内に切れ込み、危機足とは逆の右足のシュートでネットを揺らした。セビージャからのレンタルでエイバルに在籍する19歳のB・ヒルは、エイバルはもちろん、将来的にセビージャやスペイン代表も引っ張ることを予感させる活躍を見せている。

エイバルは81分、武藤の横パスからキケ・ガルシアがシュートを放ったが、これはR・シルバのセーブに遭う。3点目こそ奪えなかったものの、グラナダのゴールを許すことなく2点リードのまま試合終了のホイッスルを迎えている。

6試合ぶりの勝利を収めたエイバルは、勝ち点19で暫定11位に位置している。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング