News サッカーニュース

メンディリバル、武藤嘉紀の初ゴールを喜ぶ「最終的には8-10ゴールを決めてくれる」

2020年12月1日(火) 18:14 

 


11月30日のラ・リーガ第11節、エイバルは敵地ベニト・ビジャマリンでのベティス戦に2-0で勝利した。ホセ・ルイス・メンディリバル監督は試合後、ついにエイバル加入後初得点を記録したFW武藤嘉紀を称賛している。スペイン『モビスタール・プルス』が伝えた。

武藤の記念すべきラ・リーガ初ゴールが生まれたのは、この試合の53分。MFブライン・ヒルが蹴ったCKをニアのDFエステバン・ブルゴスが頭で後方にそらし、そこから滑り込んでボールを枠内に押し込んだ。

試合後会見に出席したメンディリバル監督は、ここ2試合先発で起用する武藤の活躍に喜びを表す。その一方で、エイバルにおけるFWの役割が、攻守両面での献身であることも強調した。

「良いニュースだね。彼は私が言っていることをほとんど理解しておらず、通訳者が必要だ。タカ(乾貴士)や、また違う誰かが違う言語を使わないといけない。しかし今日は、私たちの指示を理解していることを示してくれた。ゴールはもちろんのこと、その仕事ぶりは見事なもので、試合の均衡を破ってくれた」

「彼がここで行うような仕事に慣れているかは分からない。が、ここでは15ゴールを求めるようなことはしないんだ。私たちは大量の仕事を求めるし、彼は今後も出場機会を生かしてくれるだろう。最終的に8-10ゴールを決めてくれるはずだが、しかし汗水たらして働くことこそが、私たちの残留の手助けとなるんだよ」

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング