News サッカーニュース

ドルトムントが18歳レイナと新契約締結…レアル・マドリーらが興味も2025年まで残留へ

2020年11月22日(日) 0:14 

 


ドルトムントは、ジョバンニ・レイナと新契約を締結したことを発表した。

昨シーズンのファーストチームデビュー以降、その将来に大きな注目が集まるレイナ。今月13日に18歳の誕生日を迎えたばかりの同選手は、今シーズンもここまで公式戦12試合に出場し、2ゴールとフライブルク戦での3アシストを含む5アシストを記録し、先日にはアメリカ代表デビューも飾っている。

そんな18歳の新鋭に対してはレアル・マドリーなどのビッグクラブが強い関心を寄せると報じられる中、ドルトムントはレイナと新契約を締結したことを20日に発表した。この契約により、アメリカ代表MFは2025年までシグナル・イドゥナ・パルクでプレーを続けることになる。

レイナはクラブの公式ウェブサイトの中で「BVBはタイトルにチャンレンジでき、大きな大会すべてに参戦するビッグクラブだ。特に若手には成長するチャンスがある。ドルトムントですでに多くのことを学び、今後もっとたくさんのことを学びたい。これからも長期にわたってBVBと一緒にいられることを楽しみにしている」と喜びを語った。

また、スポーティングディレクターを務めるミヒャエル・ツォルク氏は「ここ数カ月のジオの成長は驚異的だ。彼はドルトムントの将来において重要な選手になるはずだ。彼がBVBとの契約延長を選んでくれたことに個人的に満足している」と18歳の逸材を称賛し、さらなる成長を期待した。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング