News サッカーニュース

「いつの日かバルセロナで指揮を執る」カソルラが指揮官シャビの将来を予想

2020年11月19日(木) 0:29 

 


アル・サッドのサンティ・カソルラは、同チームを指揮するシャビ監督がいつの日かバルセロナの指揮官に就任すると予想した。

2015年の退団まで幼少期から長年にわたりバルセロナでプレーし、多くの功績を残してきたシャビ監督。カタールのアル・サッドに加入した4年後の2019年に現役からの引退を発表し、現在は指揮官として同チームを率いている。

そんなスペイン人指揮官に対しては、今年1月に古巣バルセロナでの監督就任の可能性が浮上。エルネスト・バルベルデ元監督の下でなかなか波に乗り切れないスペインの強豪が招聘に動いたが、“時期尚早”との理由でこの話は破談に終わった。その結果、バルセロナはキケ・セティエン前監督の就任を発表したが、チームは12シーズンぶりの無冠に終わり、今夏に同指揮官の解任が決まった。

現在はロナルド・クーマン監督が指揮するバルセロナで、将来的な指揮官の最有力候補の1人に挙がるシャビ監督が今後古巣に復帰する可能性について、同指揮官の下でプレーするカソルラは『FIFA.com』で自身の考えを語った。

「シャビが最高のコーチであることに疑いはない。僕は日々彼と過ごしているけど、以前には選手として、そして今はコーチとして、多大なるリーダーシップの能力が彼にはある。コーチとしての大きな一歩を踏み出し、自身の哲学を築き上げている」

「いつの日か、彼がバルセロナのコーチになると思う。でも、それは彼の決断次第で、適切なタイミングはこれからわかるだろう。彼は(ペップ)グアルディオラのようにラ・マシア出身だけど、グアルディオラのコピーになるとは思わない。彼には異なるコーチングスタイルや多くの戦術的なアイディアがある。だから、彼は最高のコーチになれるはずだ」

さらに、スペイン代表ではチームメイトとしてとてもプレーしたシャビ監督についてカソルラは当時を振り返り、同指揮官の下でプレーできる喜びを続けた。

「シャビは最高の選手で、世界中がバルセロナと代表チームでの彼の活躍を目にしたはずだ。彼は史上最高のミッドフィールダーの1人で、最高のパフォーマンスと勝ち取ったタイトルがそれを証明している。アル・サッドで彼の下でプレーできることは最高だ。彼は最高の仕事をやり、大きな野心を持っている。みんなが彼の仕事に感謝していると思う」

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング