News サッカーニュース

インテル、負傷のアレクシス・サンチェス巡り痛烈批判のチリ代表監督に反論「彼は毎回代表で…」

2020年11月13日(金) 20:22 

 


インテルは12日、FWアレクシス・サンチェスのフィジカルトラブルを巡って公式サイトを通じてチリに対する抗議の声明文を発表した。

アントニオ・コンテ指揮下のインテルで2年目を迎え、ここまで公式戦7試合に出場2アシストを記録しているA・サンチェス。11月のインターナショナルウィークにおいてチリ代表の招集を受けて合宿に合流したが、練習中にフィジカルトラブルを訴えた。すると、チリ代表指揮官レイナルド・ルエダがインテルに矛先を向けた。

ルエダ監督は、「インテルはもっと選手のケアをするべきであり、もっとリスペクトを持ってほしい。植民地の時代ではない」などとクラブを痛烈に批判した。

これを受け、インテルは12日に声明文を発表。「インテルは、チリ代表指揮官レイナルド・ルエダの発言が事実と合致しておらず、攻撃的で受け入れられないものであると考える。クラブは常に各国代表チームのスタッフと良好な関係を築き、最大限の協力を行っている」と反論した。

また、ミラノのクラブはA・サンチェスの負傷がチリ代表合宿中に発生していると指摘。逆に損害を受けている側であると主張した。

「特にA・サンチェスに関しては、代表に招集されるたびにほぼ毎回フィジカルトラブルを抱えてきた。そのうちの1回は、3カ月間にわたって戦列を離れるほどの重傷だった。常に所属選手の健康に注意を払ってきたクラブにとって、重大な損害となった」

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング