News サッカーニュース

ジダン、バレンシア戦惨敗に…「最大の責任者は私。自分が解決法を探さなければいけないのだから」

2020年11月9日(月) 18:21 

 


8日のラ・リーガ第9節、レアル・マドリーは敵地メスタージャでのバレンシア戦を1-4で落とした。ジネディーヌ・ジダン監督は試合後、厳しい顔つきで敗戦の責任を背負った。

FWカリム・ベンゼマのゴールで先制したレアル・マドリーだが、全体的には攻撃のアイデアが乏しく、守備の脆弱性も目立った。DFラファエル・ヴァランのオウンゴールとPK3本という異質な失点の仕方により、バレンシアに大差をつけられて敗戦を喫することになった。

試合後会見に出席したジダン監督は、次のようにコメントしている。

「ゴールを決めた後にチームは落ち込み、そこまでの流れが変わってしまった。あらゆることが起こった、本当のことだよ。この試合を理解しようとするのは難しい」

「起用選手に後悔していること?

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング