News サッカーニュース

ブレーメン大迫勇也が古巣ケルン戦で途中出場…試合は1-1のドロー決着

2020年11月7日(土) 7:46 

 


ブレーメンFW大迫勇也が古巣ケルン戦のピッチに立った。

現地時間6日ブンデスリーガ第7節ブレーメンvsケルンの一戦が行われた。この試合で大迫はベンチスタート。

試合はホームのブレーメンペースで進むも、なかなか1点が入らず、スコアレスのまま戦況が進む。すると65分から大迫が途中出場。だがその2分後、ニクラス・モイサンデルのOGによってケルンが先制となる。

追うブレーメンの攻勢がようやく実ったのは82分。大迫と同様にケルンにも在籍経験のあるレオナルド・ビッテンコートがPKを冷静に沈め、1-1の同点となる。

終盤には大迫がヘディングでタヒス・チョンにラストパスを出すも土壇場逆転ゴールとはならず、試合は1-1で決着した。

ブレーメンは勝ち点10で暫定7位に浮上。一方、ケルンは勝ち点3で暫定16位のままとなっている。

ブンデスリーガ第7節
ブレーメン 1-1 ケルン
得点者
ブレーメン:ビッテンコート(82分/PK)
ケルン:OG(67分)

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング