News サッカーニュース

バルセロナDFピケ、過渡期にあることを認める「変化の過程。毎年少しずつ悪く…」

2020年11月5日(木) 22:12 

 


バルセロナのDFジェラール・ピケは、ディナモ・キエフ戦の勝利にも自己批判を行っている。スペイン『モヴィスター』が報じた。

バルセロナは4日、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第3節でディナモ・キエフと対戦。リオネル・メッシのPKなどで2-1と勝利したものの、マルク・アンドレ・テア・シュテーゲンのビッグセーブを強いられる難しい試合となった。ピケは苦労した末の3ポイントだったと振り返っている。

「前半はうまくいっていた。だがその後、試合は僕らの手から離れ、コントロールを失った。最高だったのは3ポイントを獲得できたことだ」

また、ピケは現在のチームについて「変化の過程にある」とし、難しい状況下に置かれていることを認める。

「毎年、少しずつ悪くなっていった。簡単な年でないことはわかっている。ここ数年はCLで好成績を残せないことが普通になった。できるのは努力だけだ。若い選手もいるし、結果はついてくるだろう」

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング