News サッカーニュース

約1年ぶりのゴールは強烈な弾丸ミドル…アザール「幸せだ。このゴールは君たちマドリディスタのものだよ」

2020年11月1日(日) 23:41 

 


10月31日のラ・リーガ第8節、レアル・マドリーはホームのアルフレド・ディ・ステファノでのウエスカ戦に4-1で勝利した。弾丸ミドルで先制点を記録したMFエデン・アザールは、そのゴールをサポーターに捧げている。

負傷明けで、この試合が今季初先発となったアザールが、先制点を決めたのは39分のことだった。MFマルコ・アセンシオ のパスをアタッキングサードで受けたベルギー代表MFは、マークにつくウエスカ MFを巧みな反転でかわして前を向くと、利き足ではない左足を一閃。アウトサイド回転のかかった地を這うボールが、GKアンドレスの横っ飛びから逃げるように枠の左に突き刺さった。

アザールはマドリー加入後24試合目で2ゴール目。ここまで右足の負傷に悩まされ続けたために、初ゴールからは1年と26日が経過していた。

試合後、アザールは『レアル・マドリーTV』とのインタビューに応じ、自身の活躍を待ちわびていたサポーターにメッセージを送っている。

「やあ、みんな。復帰することができて、美しいゴールを決められて、とても嬉しいよ。このゴールは君たちマドリディスタのものだ。また早く、君たちに会いたいね。またね!」

またゴールの場面や試合の内容については、次のように振り返っている。

「良いゴールだった。アセンシオ からパスを受けて、相手に立ち向かい、シュートを放った。もちろん、ゴールは自信を与えてくれる」

「前半はあまり良くなかったが、でも2ゴールを決められた。最終的に4点を決めて試合を終えられたね」

「今、とても幸せだよ」

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング