News サッカーニュース

「トップ下では制御不能。このレベル見せれば先発は確実」久保建英を西メディアが大絶賛!

2020年10月23日(金) 16:31 

 


ビジャレアル初先発で見事な活躍を見せたMF久保建英を、スペイン『マルカ』が絶賛している。

22日に行われたELグループリーグ第1節で、スイヴァススポル(トルコ)と対戦したビジャレアル。加入後7試合目にして初先発となった久保は、13分にこぼれ球を押し込んで初ゴールを記録する。すると20分にはカルロス・バッカのゴールを、57分にはフアン・フォイスのゴールをアシストするなど、1ゴール2アシストの大活躍。5-3の勝利に大きく貢献した。

ゴールやアシスト以外にも、最多ラストパス(4本)や最多クロス(9本)など、攻撃の中心として見事なプレーを見せた久保。『マルカ』は「クボはここだ」と題し、パフォーマンスを絶賛した。

「スタメンから外れるたびに騒がれるタケ・クボが、ビジャレアルでのキャリアをスタートさせた。彼はすべてのリーグ戦でプレーしていたが、いつもオプションの少ない中で時間も与えられなかった。だが、(指揮官ウナイ)エメリはELで出番を与え、たった20分でスイヴァススポルの抵抗を終わらせた」

「このアタッカーはストライカーの後ろでスタートしたが、このエリアで彼をコントロールすることなど不可能だ。ビジャレアルの先制点は(サムエル)チュクウェゼがGKに防ぐのが精いっぱいのシュートを放ち、そこに日本人が現れ、このレベルで最もスマートに試合を動かした」

「ゴールと抱擁。まもなく、この日本人は再び主役となった。今度はカルロス・バッカへ完璧なアシスト。すべての場面に登場していた彼は、今夜の締めくくりとして(フアン)フォイスにCKから2度目のアシストを提供した」

そして、「クボはあらゆる機会で戦わなければならないが、このレベルを見せれば、スタメンを確保できないことなどありえない」と絶賛。「目に見えて成長しており、少しずつ段階を踏んでいる。ピッチのあらゆるエリアで継続的に存在感を発揮し、この試合の主人公となっていた。後半は、ポジションを変えても主役であり続けた」とし、試合を通じてチームの中心だったと評している。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング