News サッカーニュース

リヴァプールOB、ピックフォードの危険なチャージに「あれはタックルではない。暴行だ!」

2020年10月21日(水) 0:09 

 


元リヴァプールのグレアム・スーネス氏は、ヴィルヒル・ファン・ダイクに危険なチャージを見舞ったジョーダン・ピックフォードに苦言を呈した。

17日に行われたエヴァートンとリヴァプールによるマージサイドダービーの試合開始早々、ピックフォードはファン・ダイクに厳しいタックルを見舞う。これによりリヴァプールDFはプレー続行不可となり、後日に膝前十字靭帯断裂の重傷であることが発表された。一方で、エヴァートンGKに対しての処分は試合中も試合後もなかった。

リヴァプールのキーマンであるファン・ダイクの長期離脱の元凶となったピックフォードのタックルについて、スーネス氏はイギリス『スカイスポーツ』で「試合に出たことのあるプロ選手、セミプロ、おそらくハックニー・マーシズにいる男たちでも、あの場面を見ればオフサイドではなく選手への暴行にのみ目が行くはずだ」と話し、ピックフォードに処分がないことに不満を呈した。

「とんでもないものだ。元選手としての私にとって“ワオ!”と言わざるを得ないものだった。(VARのある)ストックリー・パークに座っている人間はあのような判定を下し、“あれはオフサイド”とだけ考えていたんだ。私もストックリー・パークに行ったが、彼らが持つテクノロジー、彼らに与えられた時間からミスするなんてほとんど不可能な環境だが、彼らはまだ間違ったことをやっている。あれはタックルではなく、暴行だ!」

また、2シーズン前のチャンピオンズリーグ制覇、昨シーズンのプレミアリーグ優勝に貢献したファン・ダイクが離脱することについて、スーネス氏は大きな不安を感じているようだ。

「シーズンの最初に長期離脱を望まない1選手を選べと言われれば、私はファン・ダイクを選ぶ。リヴァプールは1人や2人が欠けても十分にゴールを奪えるが、彼はバックを活性化させる存在だ。彼がいないことはとても大きな打撃だ。彼こそがリヴァプールにとって最も失いたくない選手だ」

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング