News サッカーニュース

前十字靭帯損傷で長期離脱確実も…ファン・ダイク「困難の中にもチャンスがあると確信している」

2020年10月20日(火) 0:15 

 


リヴァプールDFフィルジル・ファン・ダイクが、サポーターへメッセージを発信している。

プレミアリーグ第5節でエヴァートンと対戦したリヴァプール。激しい展開となったダービーマッチは、2-2のドローで決着していた。この試合でも先発していたファン・ダイクだったが、開始から10分も経過しないうちに相手GKジョーダン・ピックフォードと交錯。右足にタックルを受けるような形となり、そのままジョー・ゴメスとの交代を強いられていた。

そして18日、リヴァプールはファン・ダイクが前十字靭帯の損傷で手術を受けると発表。『Goal』の取材によれば、クラブ関係者はファン・ダイクのシーズン絶望の可能性は否定。しかし、今季のプレミアリーグとチャンピオンズリーグの大部分の試合を欠場することが予想される。

長期離脱が確実となったファン・ダイクは、18日に自身のツイッターにメッセージを投稿。応援メッセージに感謝しつつ、より強くなって戻ってくると宣言した。

「今日の午後、僕は昨日の事件を受けてリハビリの詳細を計画するため、一流のコンサルタントに会ったよ。僕は今、リハビリに完全に集中しているし、できる限り早く復帰するために最大限尽くすつもりだ」

「失望していることは間違いないが、僕は困難の中にもチャンスがあると固く信じている。神の助けを借りて、これまで以上に良く、健康で、強くなって帰ってくるよ」

「フットボールでも、人生でも、すべてのことに理由があると信じている。そして冷静さを保つことが最も大切だ。妻、子供たち、家族、そしてリヴァプールのみんなに支えられながら、これからの挑戦に向かう準備はできている」

「応援のメッセージをくれたみんなに感謝している。僕と家族にとって大きな意味があるよ。そして今、僕はチームを助けるために可能な限りのことをする。必ず戻ってくるよ」

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング