News サッカーニュース

「エジルの問題は能力の欠如ではない」苦境の教え子についてヴェンゲル氏が言及

2020年10月17日(土) 0:44 

 


元アーセナル指揮官アーセン・ヴェンゲル氏が、メスト・エジルが苦境に陥る原因について語った。

2013年にアーセナルへ加入し、ヴェンゲル体制では絶対的な主力に君臨していたエジル。しかし、2018年にヴェンゲル氏が退任するとそれ以降、クラブでの立場は厳しくなっている。ミケル・アルテタ監督体制では、3月から公式戦の出場は1分もなし。先日にはヨーロッパリーグ(EL)グループリーグの登録メンバーからも外れたことが明らかとなっている。

そんな教え子について、ヴェンゲル氏が『スカイスポーツ』で言及。「日常的に何が起こっているのかは知らないが、一つだけ言うとすれば……クリエイティブな選手は完璧主義者だ」とし、「そのような選手は少しセンシティブで、時には励ましが必要だ。なぜなら、リスクのあるパスを出すには自信が不可欠であるからね」と、日ごろから丁寧なケアが必要だと語った。

そして「メスト・エジルは並外れた選手だ。彼とクラブの間で起こっていることは、対立のように見える。それはスポーツ面だけに基づいているわけではない」とし、選手としてのクオリティは十分であると主張している。

「エジルがELでプレーできないのは残念だ。彼は何でも勝ち取って来たし、世界王者で信じられないような選手なんだ」

「なぜ彼が今プレーしていないのか? 私にもわからない。フットボール選手であれば監督の決断をリスペクトし、自身を取り戻すため、チームに復帰するために戦う必要がある。人々が思う彼とは違い、戦うことができるんだ。チームに復帰できるだけのクオリティは十分にあるし、それは彼にかかっている」

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング