News サッカーニュース

30歳ヘクター、代表からの引退が判明…警告なしの43キャップでドイツ代表キャリアに幕

2020年10月17日(土) 0:49 

 


ケルンのヨナス・ヘクターは、ドイツ代表からの引退を決意したようだ。ドイツ誌『キッカー』が伝えた。

報道によると、現在30歳のヘクターは既にクラブの責任者たちに対しては今年7月、そして9月のインターナショナルウィーク前にはドイツ代表チームのヨアヒム・レーブ監督に対しても代表からの引退を表明していたという。43キャップ(3ゴール)を記録した代表でのキャリアに終止符を打ったと伝えられている。

2010年にケルン下部組織に加入し、トップチームに昇格した2012年以降もケルン一筋のクラブキャリアを過ごしてきたヘクター。2014年11月のジブラルタル戦での途中出場で代表デビューを果たすと、レーブ監督の下で左サイドバックや左ウィングバックとしてレギュラーに定着。代表での試合では警告を受けたことのない同選手は、ケルンが2部に降格しても代表に選ばれていた。

なお、ドイツサッカー連盟(DFB)は現地時間15日の声明で、ヘクターはプライベートな理由からこの決断に至ったと伝えている。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング