News サッカーニュース

レアル・マドリーで出場率30%のアザール、市場価値が6000万ユーロまで下落

2020年10月11日(日) 23:41 

 


昨夏の移籍市場でレアル・マドリーに鳴り物入りで加入したMFエデン・アザールだが、それ以降市場価値が大幅に減少している。

昨夏に移籍金1億ユーロ+インセンティブ4000万ユーロという巨額でチェルシーからレアル・マドリーに加入したアザール。しかし以降は手術を要するもの含めて6回(全キャリアでは22回)の負傷に苦しみ、その出場率は約30%にとどまっている。

移籍専門サイト『トランスファーマルクト』が算出するアザールの市場価値は、このために大きく下落した。レアル・マドリー加入時の市場価値は1億5000万ユーロだったが、現在は6000万ユーロと9000万ユーロ減。同選手は今季も負傷で出遅れることになったが、ここ20日間では2000万ユーロも価値が下がっている。

税負担含めた年俸が3000万ユーロと高額なアザールだが、現状、レアル・マドリーは1試合のプレーで220万ユーロを同選手に支払っていることになる。レアル・マドリーのサポーターに大きな失望を味わわせているベルギー代表MFは、ここから巻き返しを図ることができるだろうか。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング