News サッカーニュース

「2度と起きないようにしないと…」悪夢の7失点大敗にファン・ダイクが反省

2020年10月5日(月) 19:46 

 


リヴァプールDFフィルジル・ファン・ダイクは、7失点大敗は自分たちの責任であるとしつつ、アストン・ヴィラを称えている。

4日に行われたプレミアリーグ第4節で、王者リヴァプールはアストン・ヴィラと敵地で対戦。すると、前半だけでオリー・ワトキンスにハットトリックを許すなど4失点。後半も失点は止まらず3ゴールを許し、終わってみれば2-7の大敗となった。

リヴァプールにとって1963年4月のトッテナム戦(2-7)以来、公式戦57年ぶりの7失点に。この試合でキャプテンマークを巻いたファン・ダイクは、『スカイスポーツ』に対し以下のように語っている。

「今夜のような負け方をするのは難しい。何よりもまず、アストン・ヴィラが素晴らしかった。彼らにふさわしい評価をしなければならないね。最初から最後まで100%の力を発揮できなかった。失点したことはもちろんだけど、チャンスも作れていたのでもっとうまくやるべきだった」

「全体的に失望しているよ。こんな失点数で負けるべきではないし、団結して2度と起こらないようにしなければならないね」

「アストン・ヴィラの功績を奪うことはできないよ。ゲームのあらゆる面で、もっとうまくやるべきだったんだ。狂ったようにならないことは重要だ。でも、僕らはステップアップしないといけないよ。アーセナル戦(3-1)と今日のパフォーマンスは差がありすぎた」

この試合でリヴァプールは、絶対的な主力だったサディオ・マネとアリソンを欠いている。「2人の不在が影響したのか?」と問われたファン・ダイクは、「上手く準備もしていたし、ミッドウィークのアーセナル戦(カラバオ・カップ:0-0)では良い試合をした。試合前から準備はできていたんだ。でも、残念ながら望んだような結果にはならなかったね」と語っている。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング