News サッカーニュース

「できる限り早期に…」スアレス交渉難航と報じられるユヴェントス指揮官ピルロが新FW加入を求める

2020年9月14日(月) 21:10 

 


ユヴェントスのアンドレア・ピルロ監督は、早急に新ストライカーが必要であると主張した。

今夏の移籍市場で、2016年からプレーするゴンサロ・イグアインが契約を1年残して退団することを受け、信頼できる9番を欠いて新シーズンを迎えるユヴェントス。代役として、バルセロナのルイス・スアレスに照準を定めたが、交渉は難航すると報じられており、今週に入ってからは本人が否定したものの、チェルシーのオリヴィエ・ジルーの名前も浮上した。

さらに、スポーティングディレクターのファビオ・パラティチ氏は、今夏のウルグアイ代表FWの獲得が現実的ではないことを認める発言を今週末に残しており、新ストライカーの確保に苦戦している。

今夏の移籍市場終了まで3週間が残っているものの、ピルロ監督は現状について『スカイスポーツ・イタリア』で「できる限り早くストライカーが必要だ。しかし、マーケットはまだ開いている。10月4日まで取り組めるだけの時間は残っている」と楽観視しつつも、早期のストライカー加入を願った。

12日のノヴァーラとのテストマッチに5-0で勝利したユヴェントスは、セリエA10連覇を目指す新シーズンの開幕戦で吉田麻也が所属するサンプドリアと20日に対戦する。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング