News サッカーニュース

酒井宏樹フル出場のマルセイユ、ネイマールら復帰のPSGとのダービーを制す!長友佑都は出番なし

2020年9月14日(月) 6:08 

 

現地時間13日、フランス・リーグアンは第3節が行われ、酒井宏樹と長友佑都の所属するマルセイユは敵地でPSGと対戦した。

“ル・クラスィク”と呼ばれる伝統のフランスダービーで、酒井は先発メンバーに名を連ね、長友はベンチからのスタート。一方、主力選手のコロナ感染に揺れたPSGでは、ネイマールとディ・マリアが復帰を果たした。

開始わずか2分、フロレンツィの右クロスをゴール前のヴェラッティが合わせる決定機をGKマンダンダがファインセーブで切り抜ける。その後もPSGが圧倒的にボールを支配し、ネイマールとディ・マリアを中心にマルセイユゴールへと攻め入る。右サイドバックの酒井はネイマールとのマッチアップが増え、6分にはネイマールをファールで止めて早くもイエローカードを提示された。

攻勢のPSGだが、開始早々の決定機以外はシュートチャンスは作れるものの、決定機と呼べるチャンスは作れず。すると迎えた31分、パイェのFKをエリア内右に走り込んだトヴァンがダイレクトでゴール右へと流し込み、防戦一方だったマルセイユが先制する。

前半だけで両チーム合わせて5枚のイエローカードが出され、ヒートアップする場面も見られたフランスダービーは、マルセイユが1点をリードして試合を折り返した。

対マルセイユとの公式戦20戦無敗のPSGが1点ビハインドで迎えた後半、猛攻を仕掛けるPSGは57分、ネイマールのパスをエリア内右で受けたフロレンツィの折り返しを、ゴール前でサラビアが合わせる。しかし、これはGKマンダンダが足でブロック。

59分には、ベルナトのパスをエリア内左で受けたネイマールが右足を振り抜く。強烈なシュートがDFに当たってコースが変わるも、守護神マンダンダが足で反応し決定機を防ぐ。61分にはスルーパスに抜け出したディ・マリアが左足でネットを揺らすが、オフサイドによりノーゴール。あと一歩のところでゴールが遠い。

すると63分、CKのこぼれ球を繋ぎ、マキシム・ロペスのポストプレーをエリア内左で受けたトヴァンの強烈なシュートはGKリコがたまらずはじく。これをベネデットが押し込んでネットを揺らすが、トヴァンの時点でオフサイドの旗が上がりノーゴールとなった。

71分にヴェラッティに代わって投入されたパレデスが、直後にパイェへのファールでイエローカードを出されるなど、依然として球際での激しい攻防が繰り広げられる中、酒井はなかなか攻撃面で絡む場面は少ないが、対峙するネイマールを抑えるという高難度のミッションをチームメイトと連携しながら辛うじてこなしていく。

パレデスのほか、ドラクスラー、ダグバ、クルザワを投入しているPSGは、昨シーズンのチャンピオンズリーグのアタランタ戦のような猛攻を仕掛け、マルセイユは全員守備で逃げ切りを図る。

アディショナルタイムの6分間で、PSGは最も危険な選手であるネイマールにボールを集め、起死回生の同点弾を狙う。しかし、マンダンダの好守に加え、酒井を含むマルセイユ守備陣が体を張った守備で決定機を許さず。

95分の時点で両チーム合わせ12枚のイエローカードが乱れ飛んだダービーマッチは、終了間際のベネデットとパレデスの接触プレーを皮切りに両チームの選手の感情が爆発。乱闘騒ぎとなり、蹴り合ったアマヴィとクルザワがレッド―カード、乱闘のキッカケとなったベネデットとパレデスは2枚目のイエローカードで退場となり、さらにはVARの結果、ネイマールにもレッドカードが提示され、PSGは8人、マルセイユは9人で残り僅かな時間を戦うことに。

後味の悪い結末となったが、最後までPSGにゴールを割らせなかったマルセイユが2011年以来、20試合勝利のなかったル・クラスィクで悲願の勝利を手にした。

■試合結果
PSG 0-1 マルセイユ

■得点者
PSG:なし
マルセイユ:トヴァン(31分)

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング