News サッカーニュース

2日目に実戦デビューの堂安律、カップ戦出場に意欲…監督は新戦力のプレーに「完全に満足」

2020年9月9日(水) 0:36 

 


日本代表MF堂安律は7日に行われた古巣フローニンゲンとのテストマッチに後半から途中出場。アルミニア・ビーレフェルト加入後2日目に新天地デビューを果たしたことなどについてコメントしている。

5日にPSVからのレンタル移籍が正式発表された堂安はプレシーズン最後のテストマッチとなったこの試合ではベンチスタート。チームは、17分にDF板倉滉が先発したフローニンゲンの元オランダ代表FWアリエン・ロッベンに現役復帰後初ゴールを決められると、22分には追い付く。堂安はスコアが1-1の状況の後半から右サイドのアタッカーとして出場したが、ドリブルで見せ場をつくるも得点に絡むことはできなかった。

1-1のまま終わった試合後、同選手は英語でクラブ公式チャンネルのインタビューに対応。「今日は僕にとってはまだ2日目ですが、45分間プレーできてとてもハッピーです。チームメイトやスタッフも素晴らしいのでよいフィーリングを得ています」と笑顔を浮かばせると、プレーについては「もっとチームの戦略を学ぶ必要があります。公式戦が迫っていますので、フィットネスも考え(激しい)トレーニングはないかもしれないですが、リピートしていかなければいけません」と続けた。

14日に行われるDFBポカール1回戦での4部ロート・ヴァイス・エッセン戦ではスタメン出場も考えられるかとも問われたビーレフェルトの背番号8。「もちろん常に90分間プレーしたい気持ちはあります」と意欲を示しつつ、「そのためには全員にコンディションがよいことを示していく必要があり、みんなとコミュニケーションをとっていくのも大事だと思います」と連携を深める必要性を強調した。

なお、ビーレフェルト率いるウーヴェ・ノイハウス監督はこの試合でデビューを迎えた堂安とDFマイク・ファン・デル・ホーンのプレーに満足の様子。「2人はすぐに溶け込んだし、非常によかった。もちろんオートマチズムに関しては、まだ所々チームとともに身につけていかなければならない部分はある。ただ、2人が今日見せたパフォーマンスには完全に満足できると思う」と語っていた。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング