News サッカーニュース

メッシ退団を後押したプジョールだが…「バルセロナのユニフォームを守り続けてくれてうれしい」

2020年9月9日(水) 0:33 

 


元バルセロナDFカルレス・プジョール氏が、FWリオネル・メッシが同クラブに残留することへの喜びを表している。

この夏、一方的契約解除の権利を行使することによってバルセロナ退団を目指したメッシは、クラブ側から行使期間が過ぎているとの理由で契約解除金7億ユーロの支払いを求められ、やむなく残留を決意。そして6日に自宅でPCR検査を受けて陰性となった同選手は、その翌日にバルセロナの練習に合流している。

メッシがバルセロナに退団を希望するブロファックスを送った際には、『ツイッター』で「敬意と称賛を、レオ。私は全面的に支持するよ、アミーゴ」と記していたプジョール氏だが、元チームメートの残留には喜びを感じているようだ。『インスタグラム』でメッシが練習に取り組む写真をアップして、次のようなメッセージを記している。

「彼がFCバルセロナのユニフォームを守り続けてくれて嬉しい。私は選手たちを信頼しているし、レオがいれば私たちはより強くなれるんだ」

『ツイッター』のメッセージは、ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長率いるバルセロナ現理事会に対する否定的な姿勢の表明ともされたプジョール氏だったが、単純に友人の決断を支持するものだったのかもしれない。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング