News サッカーニュース

S・ラモス、ウクライナ戦2得点で代表DF史上最多得点選手に「パサレラを超えることは頭にあった」

2020年9月7日(月) 20:25 

 


スペイン代表は7日にUEFAネーションズリーグ第2節ウクライナ戦に臨み、4-0の快勝を収めた。この試合で2得点を決めたDFセルヒオ・ラモスは、代表DF史上最多得点選手となった。

この試合で2得点を記録したS・ラモスは、アルゼンチン代表として22得点を決めたダニエル・パサレラ氏の記録を1得点上回って、代表DFの史上最多得点選手に。スペイン代表としてはフリオ・サリナス氏の22得点を上回り、故アルフレド・ディ・ステファノ氏と並び歴代8位タイの得点者となっている。

S・ラモスは試合後、パサレラ氏の記録を破ったことについて次のように語った。

「真剣な試合で結果を手にしたことにとても満足している。個人レベルでは、パサレラの記録を上回ることが頭の中にあった。ゴールでもチームに貢献できてうれしい。満足だよ」

スペイン代表の主将はまた、17歳311日でゴールと同代表の最年少得点を記録したFWアンス・ファティについてもコメントした。

「祝福させてもらうよ。彼は野心にあふれた選手で、僕たちはそういった若手を歓迎している。チームにフレッシュさと若さを与えてくれるね」

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング