News サッカーニュース

武藤嘉紀にブンデス複数クラブが興味!マインツ復帰や堂安加入ビーレフェルト行きの可能性も

2020年9月7日(月) 0:28 

 


ニューカッスル・ユナイテッドで放出候補になっていると伝えられるFW武藤嘉紀は、ブンデスリーガ復帰に近づいているのかもしれない。ドイツ『fussballtransfers.com』が伝えた。

スティーヴ・ブルース監督の下で出場機会を得られず、苦境が続いていた武藤。新シーズンに向けて先月中旬に始動したチームのプレシーズンに今月3日に合流すると、5日にはストーク・シティとのテストマッチに途中出場。だが、それでも移籍の可能性が依然として濃厚と見られる。

そんな中『fussballtransfers.com』が、ドイツからの武藤に対する興味を報道。ニューカッスルと2022年まで契約を結ぶアタッカーに複数のクラブが乗り出しているとのことだ。具体的にはケルンやアウクスブルク、堂安律がレンタルで加わったアルミニア・ビーレフェルトがレンタルでの獲得を考えており、武藤の古巣であるマインツも動向を追っていると伝えている。

武藤は2018年夏にマインツから加わったニューカッスルで、公式戦28試合に出場(2得点)。マインツ時代の3年間で77試合に出場して23得点を記録したブンデスリーガでの評価は、いまだに高いようだ。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング