News サッカーニュース

マンチェスター・Uの補強第1号、23歳のオランダ代表MFファン・デ・ベーク獲得を発表! 「待ちきれない」

2020年9月3日(木) 16:52 

 


マンチェスター・ユナイテッドは2日、アヤックスからオランダ代表MFドニー・ファン・デ・べークを獲得したことを発表した。契約期間は5年で、1年の延長オプションが付随している。

アヤックス下部組織出身で現在23歳のファン・デ・ベークは、2015年に同クラブでトップチームデビュー。2018-19シーズンには公式戦57試合で17ゴール13アシストをマークし、アヤックスのチャンピオンズリーグ(CL)4強入りに大きく貢献したことでビッグクラブ注目の的になった。

2019-20シーズンも公式戦37試合で10ゴールをマークしたファン・デ・ベークに関してはバルセロナやレアル・マドリーからの関心も伝えられていたが、クラブOBのエドウィン・ファン・デル・サールCEOとの関係もあって、最近になってマンチェスター・U移籍が進展。『Goal』の取材では、移籍金3900万ユーロ(約49億円)+ボーナス500万ユーロ(約6億3000万円)の取引となっている。

マンチェスター・U入りが決まったファン・デ・ベークはクラブの公式サイトを通じて、「驚くべき歴史を持つクラブにこうやって加入できて、説明しがたい感覚だ」と移籍を喜び、以下のように続けた。

「僕が成長したクラブであるアヤックス関係者にも感謝したい。今、僕はキャリアの次のステップを踏み出す。マンチェスター・ユナイテッドほど高い標準が求められるところはなく、最高峰のレベルでプレーしていくことになる」

「オールド・トラフォードの雰囲気は驚くべきものであると多くの人が教えてくれた。ファンも戻れる状況になったら、それを経験できることを本当に楽しみにしている」

「このチームには世界最高クラスのミッドフィルダーがいて、僕は彼らから学び、自分の強みを出すことができると思っている。チームのビジョンも監督から聞いて、非常にエキサイティングだと感じた。一員としてプレーするのが待ちきれないね」

今夏にジェイドン・サンチョの獲得がうわさされながらも1億ユーロ(約127億円)を超える移籍金ということもあって交渉が停滞していたマンチェスター・Uだが、補強第1号はオランダ代表でも主力となっている中盤のユーティリティプレーヤーに。ブルーノ・フェルナンデスやポール・ポグバら多士済々の中盤で、オーレ・グンナー・スールシャール監督がファン・デ・ベークをどのようにチームに組み込んでいくのかにも注目だ。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング