News サッカーニュース

長谷部誠が語る「最悪」なこと。契約満了の2021年以降も現役続行を示唆

2020年9月3日(木) 17:57 

 


フランクフルトに所属する元日本代表MF長谷部誠が、自身の引退のタイミングについて語っている。ドイツ紙『ビルト』が報じた。

現在、36歳の長谷部は、新シーズンはブンデスリーガ最年長選手として開幕を迎えることが濃厚。フランクフルトとの契約は2021年までとなっており、現役最後のシーズンとなる可能性もあるが、長谷部は「最悪」を想定している。

「僕にとって最悪なのは、観客がいない状況でそのときを迎えることです。観客なしのサッカーというのは多くのものが欠けています。感情や情熱など、恋しくなりますね。満員のスタジアムで引退できないのだとしたら、それは残念ですね」

一方で、「どれだけ長くここでプレーできるかはまだ決めていない」とし、「まだサッカーを楽しめていますし、できることに満足しています」と、来夏以降の現役続行も示唆している。

さらに、「昨季は40試合でプレーしましたし、それがなぜまたできないと思うのでしょう?」とも語り、新シーズンもフランクフルトで中心的な役割を担う意思を示した。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング