News サッカーニュース

食野亮太郎の新天地はリオ・アヴェに決定!シティから買取OP付き2年ローンで加入…EL挑戦へ

2020年9月2日(水) 20:10 

 


リオ・アヴェは、マンチェスター・シティからMF食野亮太郎を期限付きで獲得したことを発表した。

2019年夏の移籍市場で、ガンバ大阪からマンチェスター・Cに加入した食野。直後にスコットランドのハーツに1シーズンの期限付きで加入し、降格したチームの中で公式戦21試合で3ゴールを記録したが、6月末をもって同クラブから離れ、イングランドのクラブに帰還した。

そして1日、食野は再びローンでマンチェスター・Cから離れ、ポルトガルで新たな挑戦を始めることが決まった。リオ・アヴェはプレミアリーグのクラブから買取オプション付きの2シーズンの期限付きで22歳の日本人MFを獲得した。

リオ・アヴェは公式ウェブサイトの中で「ようこそ食野」と日本語のキャプションを付け、同選手の加入を発表。また、22歳のMFについては「試合のビジョンやパスとシュートのクオリティを兼ね備えた足が速く、機敏な選手で、小柄であることがそれをさらに引き立てる。今シーズン、ポルトガルのフットボール界を驚かせるだけの価値のある選手だ」と期待を寄せた。

昨シーズンのプリメイラ・リーガで5位に入ったリオ・アヴェは、今シーズンのヨーロッパリーグ(EL)出場権を確保。17日にEL2次予選でFKボラツ・バニャ・ルカと戦った後、20日のリーグ開幕戦でトンデラと対戦する。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング