News サッカーニュース

バルセロナMFラキティッチのセビージャ復帰が決定!移籍金は2億円+最大11億円

2020年9月2日(水) 20:02 

 


セビージャは、バルセロナからクロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチ獲得を発表した。

2014年にセビージャからバルセロナに加入したラキティッチは、在籍した6シーズンの間、16個ものタイトル獲得を経験。しかし、無冠に終わった昨シーズン終了後に指揮官に就任したロナルド・クーマン監督から戦力外を通告されたと報じられていた。昨シーズン途中にも限定的なプレー時間に対して不満をあらわにしており、移籍は確実視されていた。

そして1日、セビージャはラキティッチと2024年までの4年契約を締結したことを発表。移籍金は150万ユーロ(約1億9000万円)とされており、パフォーマンスに応じて最大900万ユーロ(約11億円)が追加で支払われるようだ。

なお、『Goal』の取材によりボーナスの内訳が判明。32歳の同選手が一定試合数に出場すれば300万ユーロ(約3億8000万円)、ヨーロッパリーグ制覇で100万ユーロ(約1億2600万円)、ラ・リーガ優勝で200万ユーロ(約2億5000万円)、チャンピオンズリーグ制覇で300万ユーロの支払いが発生する。

バルセロナは公式ウェブサイトで「バルセロナはラキティッチのコミットメントや献身性に対して感謝を表し、彼の幸運と成功を願っている」とねぎらいの言葉を送り、続けて「9月2日水曜日の11時から、退団セレモニーと遠隔でのプレスカンファレンスを行う」と発表した。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング