News サッカーニュース

チェルシーがハヴェルツ獲得に迫る…クラブ最高額更新の最大127億円でレヴァークーゼンと合意

2020年9月1日(火) 20:47 

 


チェルシーとレヴァークーゼンがカイ・ハヴェルツの移籍で合意したようだ。『Goal』の取材で明らかになった。

今夏の移籍市場でその去就に大きな注目が集まるハヴェルツ。昨シーズンにレヴァークーゼンで公式戦18ゴールをマークするなどセンセーショナルな活躍を見せた21歳のドイツ代表MFに対してはレアル・マドリーやバイエルン・ミュンヘンらビッグクラブが獲得に興味を持つ中、チェルシーが争奪戦のポールポジションに立つと考えられてきた。

30日にはハヴェルツがパフォーマンステストを欠席し、退団に近づくと報じられていたが、ついにチェルシーとレヴァークーゼンによる長期にわたる交渉がまとまったようだ。両クラブは7200万ポンド(約102億円)で同選手の移籍に合意し、パフォーマンスに応じて最大1800万ポンド(約25億円)のボーナスも支払われる。

また、チェルシーにとってこれは2018年のケパ・アリザバラガ獲得時に支払った7200万ポンドを更新するクラブ史上最高額の取引となる。さらに、今夏の移籍市場で積極的な補強を繰り広げる同クラブは、この移籍により補強額が総額2億ポンド(約283億円)を超えるビッグサマーになる見込みだ。

なお、チェルシーとハヴェルツがすでに5年契約を結ぶことで合意したこともわかっている。

一方、21歳のドイツ代表MFを放出するレヴァークーゼンは、昨シーズンを期限付きで加入したRBライプツィヒで過ごしたローマのパトリック・シックの獲得で合意に至ったようだ。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング