News サッカーニュース

トッテナム、今夏3人目の新戦力はドハティか…ウルヴスと20億円超で合意し、週末にメディカルへ

2020年8月29日(土) 19:13 

 


トッテナムがマット・ドハティの獲得に大きく近づくようだ。イギリス『テレグラフ』が伝えた。

28日、トッテナムとウォルヴァーハンプトン・ワンダラーズは、ドハティの移籍金として1500万ポンド(約21億円)で合意した模様。そして、同選手は今週末にメディカルチェックに臨み、今後48時間以内に取引が完了すると予想されている。

2019-20シーズン、前年のチャンピオンズリーグ決勝進出を果たしたトッテナムは序盤から低迷し、昨年11月にジョゼ・モウリーニョ監督にチームを託す。その後、辛うじてヨーロッパリーグ出場圏内の6位に滑り込んだ同クラブはDF陣の再構築を目指しており、ポルトガル人指揮官はかねてからドハティに強い関心を抱いていたようだ。

28歳のアイルランド代表DFは、今夏の移籍を強く望んでおり、ウルヴスとしても良い見返りのある取引に応じる考えを持っていた模様。なお、同クラブは10年前にアイルランドのボヘミアンズからわずか7万5000ポンド(約1060万円)でドハティを獲得していた。

2010年にウルヴスに加入したドハティは、リーグ1(英3部)時代からチャンピオンシップ(英2部)、そして近年のプレミアリーグでの成功を支え、2019-20シーズンも公式戦50試合でプレーするなど中心選手として活躍した。しかし、10年間を過ごした同クラブから今夏に離れることが決定的だ。

なお、トッテナムにとって、アイルランド代表DFはピエール=エミール・ホイビュルク、ジョー・ハートに次ぐ、今夏3人目の新戦力になる予定だ。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング