News サッカーニュース

バルサ、退団希望のメッシ流出を覚悟も…史上最高額オファーなら許可か

2020年8月26日(水) 16:33 

 


バルセロナは、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシを求めるクラブに対し、史上最高額の移籍金を求める構えのようだ。『RAC』のレポートを基に『AS』が伝えた。

メッシに関しては25日、バルセロナに対して退団を希望している旨を伝えたことが明らかに。スペインで内容証明の際に使用される「Burofax」を通じて伝えたとみられており、メッシの意思は明確なもようだ。

メッシの現行契約に関しては2021年6月まで。この契約には、当初の2019-20シーズン終了である6月10日の20日前にメッシ側が退団の意向を伝えれば、フリーでクラブを去ることができる条項があったとみられている。報道によれば、メッシ側は新型コロナウイルスの影響でシーズンが延長されたことを受け、この条項の「シーズン終了」もチャンピオンズリーグ(CL)決勝が行われた8月23日だと主張しているようだ。

とはいえ、メッシ側がバルセロナに退団の意向を伝えたのは8月20日頃だとみられており、いずれにせよ法的にはバルセロナが主導権を取れる状況のようだ。しかし、バルセロナはメッシが退団を決意した場合に慰留することは不可能であると考えている模様。クラブ上層部はメッシ側に対して法的に圧力をかけることは避けたい構えなものの、移籍金は得たい考えとのことだ。

移籍金に関して、バルセロナは非現実的な契約解除金である7億ユーロ(約880億円)ではなく、2017年にパリ・サンジェルマンに売却したネイマールの2億2200万ユーロ(約280億円)以上を希望。それでも非常に高額のため、移籍金を支払えるクラブは限られるとみられるが、今後の情勢に引き続き注目だ。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング