News サッカーニュース

バイエルンが7年ぶりのCL制覇&三冠達成!伏兵コマンが決勝弾、創設50周年で初優

2020年8月27日(木) 0:26 

 


チャンピオンズリーグ(CL)は23日に決勝戦が行われ、パリ・サンジェルマン(PSG)とバイエルン・ミュンヘンが対戦した。

異例の長期戦となった2019-20シーズンのフィナーレを飾る大一番。クラブ創設50周年で初のファイナルに到達したフランス王者PSGと、7年ぶり6度目のビッグイヤーを狙うドイツ王者バイエルンが激突することとなった。PSGは準決勝からスタメンを1枚変更。レアル・マドリー時代に3連覇を経験した守護神ナバスが復帰を果たした。対するバイエルンも、準決勝から1選手を変更。ペリシッチに代え、コマンが先発入りを果たしている。

試合序盤、両チームともに最前線から激しいプレスを仕掛ける。お互いにボール保持時に強烈な守備に悩まされ、目まぐるしく攻守が入れ替わる。PSGは14分、仕掛けたムバッペが相手ペナルティーエリア内に侵入するも、シュートはブロックされた。直後にもムバッペにチャンスがあったが、ここもブロックに遭っている。

18分、PSGに最初の決定機。中盤でボールをカットしてショートカウンターを発動。最後はムバッペのパスに抜け出したネイマールがシュートを放ったが、守護神ノイアーがファインセーブでしのぐ。対するバイエルンは22分、左からのクロスをエリア内で受けたレヴァンドフスキが反転からシュート。ここは惜しくも左ポストに弾かれた。続いて24分には、PSGにビッグチャンス。ネイマールのドリブルからチャンスを作り、ディ・マリアのシュートは枠の上へ飛んだ。この直後、バイエルンにアクシデント。ボアテングが足を痛めて負傷交代に。ジューレがピッチに立った。

29分、PSGはFKのこぼれ球をエレーラがミドルで狙うものの、枠を外れた。バイエルンは32分、ミュラーのクロスに飛び込んだレヴァンドフスキが頭で合わせるが、GKナバスが好セーブ。45分、PSGはハイプレスからボックス付近でボールを奪い、ムバッペがシュート。その直後、バイエルンはドリブルを仕掛けたコマンがボックス内で倒れるが、笛は鳴らず。20分付近から両者とも決定機を重ねたが、守護神が素晴らしいプレーでゴールを許さない。前半はスコアレスで折り返す。

後半も両チーム激しいテンションで入る。52分、ネイマールがニャブリに倒され両陣営がヒートアップする場面も。すると59分、バイエルンが先制点を手にする。ニャブリが右サイドの深い位置を取ると、パスをミュラーが落とす。受けたキミッヒが丁寧なクロスを送り、ファーに飛び込んだコマンがヘッドで押し込んだ。ギリギリの攻防が続く中、ドイツ王者が前に出る。

劣勢のPSGは65分にパレデスに代えてヴェッラッティを投入し、状況の打開を図る。67分、ディ・マリアのクロスに飛び込んだムバッペが合わせたが、ノイアーが正面でキャッチした。バイエルンは68分、先制点のコマンとニャブリを下げ、ペリシッチとコウチーニョがピッチに入った。70分、PSGはディ・マリアの股抜きパスに飛び込んだマルキーニョスが押し込みに行くが、ここもノイアーが好守で防ぐ。73分、ネイマールのスルーパスに抜け出したムバッペがボックス内で2度きり返して勝負するが、シュートまで持ち込めず。74分のネイマールのミドルも枠の上へ飛んだ。

トゥヘル監督は80分にさらに2枚替えを行い勝負に出る。92分にはムバッペやネイマールが絡んで決定機を作るが、チュポ=モティングは合わせきれない。結局、最後までノイアーの守るゴールを破ることができず。バイエルンが1-0で勝利した。

この結果、初優勝を狙ったPSGを抑え、バイエルンが7年ぶりのCL優勝を達成。ブンデスリーガとDFBポカール合わせ、ユップ・ハインケス政権の2012-13シーズン以来の3冠を飾った。

■試合結果
PSG 0-1 バイエルン

■得点者
PSG:なし
バイエルン:コマン(59分)

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング