News サッカーニュース

ギリシャで逮捕のマグワイアが釈放…暴行罪などで起訴も無罪を主張

2020年8月23日(日) 20:25 

 


マンチェスター・ユナイテッドのハリー・マグワイアがギリシャの拘置所から保釈された。

休暇を利用してギリシャのミコノス島を訪れたマグワイアだが、21日に暴行の容疑で逮捕されたことが発覚。地元警察の発表によると、同選手を含めた3名が警察官に対して暴言を吐き、投げ倒し、殴る蹴るの暴行を加えた様子。さらに、3人のうちの1人が警察官の買収を試みたこともわかっており、これらの容疑で拘置所送りになったようだ。

そして22日、警察官への暴行や贈賄の容疑で起訴されたマグワイアはシロス島近くの裁判所に出廷。ヒアリングの後、裁判所の外で待つメディアに対して言葉を発しなかったものの、弁護士は『スカイスポーツ』に対して、同選手が自由の身になったことを認めた。この結果、イングランド代表DFは直ちに母国に帰国できるようだ。

また、次回のヒアリングは25日に予定されているが、マグワイアが出廷する必要はないようで、弁護士が代わりに出席すると考えられている。

所属選手の逮捕報道を受け、21日に声明を出したマンチェスター・Uは翌22日にもこの件に関して言及。「ハリーは起訴内容に対して無罪を主張している。法的手続きが進む中、選手もしくはクラブがこれ以上のコメントを出すことは適切ではない」と裁判の行方を見守るコメントを残している。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング