News サッカーニュース

ロヴレン、セルヒオ・ラモスへの意図的な肘打ちを認める「報いを受けるべき時だった」

2020年8月21日(金) 20:02 

 


ゼニトに所属するクロアチア代表DFデヤン・ロヴレンが、レアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスへの意図的な肘打ちを認めた。

両者に関しては、2018年のチャンピオンズリーグ(CL)決勝から因縁の関係に。当時、リヴァプールは、エースのモハメド・サラーがセルヒオ・ラモスとの接触プレーで負傷し、31分に交代。リヴァプールは1-3で敗れて戴冠を逃した。

その後、クロアチア代表としてUEFAネーションズリーグでスペイン代表と対戦した際、ロヴレンはセルヒオ・ラモスと相まみえることに。試合中、セルヒオ・ラモスに対して肘打ちととれる接触をしていたロヴレンは試合後、その写真を自身のSNSにアップするなど挑発。さらに、「ハッ、ハッ、3-2だ。彼らは女々しい奴らだ」などとコメントしていた。

そのロヴレンが、エジプトのテレビ番組『Sada El Balad』で、「サラーのことがあったからラモスに意図的に仕掛けたか? そうだ。そうだろうね」と口にし、当時の肘打ちが意図的なものであったことを認めた。

「クロアチア代表としてスペイン代表と対戦した時、ルカ・モドリッチは僕とセルヒオ・ラモスに冷静になるように促していた。意図的にエルボーを食らわしたと彼に話したよ」

「ラモスのことは選手としては敬意をもっている。彼が今までチームで成し遂げてきたことはね。多くのタイトルを獲得してきた。だが一方で、選手を壊したりするような振る舞いはいけ好かないね」

「話を大きくしたくはないが、ラモスは友人を意図的に負傷させた。彼は、自分がやったことの報いを受けるべき時だった」

「チャンピオンズリーグの決勝、僕たちはサラーが負傷するまでレアル・マドリーよりもうまくプレーしていた。彼の負傷交代は大きな痛手だった。そこから彼らが試合を支配し始めたんだ」

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング