News サッカーニュース

「歴史的な夜。言葉が見つからない」PSG会長が初のCL決勝進出に歓喜

2020年8月19日(水) 15:25 

 


パリ・サンジェルマン(PSG)のナセル・アル=ケライフィ会長は、クラブの歴史的快挙に歓喜した。

18日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝でPSGはRBライプツィヒと対戦。初の決勝進出を目指す両チームの対戦は、13分にマルキーニョスのゴールでPSGが先制に成功する。その後、42分にアンヘル・ディ・マリアが追加点を挙げると、後半にも1点を奪ったPSGが3-0でライプツィヒを下し、ファイナルに駒を進めた。

クラブ史上初のCL決勝進出が決まった直後、アル=ケライフィ会長はフランス『RMC』に対して「歴史的な夜、初の決勝進出だ。本当に最高の夜だ」と歓喜し、チームに賛辞を送った。

「チームは難しい相手に完璧な試合をした。選手たちをとても誇りに思うし、テクニカルスタッフを誇りに思う。まだパリには戻りたくなかったし、リスボンに残って戦いを続けたかった」

「これは夢だ。チームがこの夢を続けてくれることを願っている。何と言っていいのか、言葉が見つからない。我々にとってとても、とても素晴らしい夜になった。私たちがパリに来た2011年から、夢に近づいてきた。そして、ここまでやってきた。できる限りさらに先まで行きたい。みんなのことをとても誇りに感じている」

CL決勝進出を決めたPSGは、23日にリヨンとバイエルン・ミュンヘンの勝者とヨーロッパ一の座をかけて対戦する。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング