News サッカーニュース

リヨン、ユヴェントスに続きマンチェスター・Cを撃破!CLベスト4はドイツ勢対フランス勢に

2020年8月16日(日) 7:30 

 


現地時間15日、UEFAチャンピオンズリーグ準々決勝がリスボンで行われ、マンチェスター・シティとリヨンが対戦した。

昨シーズンのグループリーグでリヨンと初対戦し、1分1敗で負け越しているシティ。負傷によりエースのアグエロを欠くものの、ベスト4進出のチャンスを逃すわけにはいかない。

しかし、タレント力で劣るリヨンもラウンド16でイタリア王者ユヴェントスを破っており、昨シーズン勝ち越していることからもシティに対して苦手意識はない。ボールを持たれることを前提とした戦い方が形になっており、ボール保持を前提とするシティにとっては苦手な部類の相手といえる。

開始3分、左サイドでボールを受けたカンセロのパスを、エリア内左に走り込んだスターリングが受ける。折り返したボールはジェズスの前でクリアされるが、シティが得意とする、ペナルティーエリア内の角を狙った攻撃で早くもチャンスを作り出した。

ボールを保持するシティに対し、リヨンはそれほど強く前からプレスをかけるわけではなく、自陣に守備の網を張り、絡めとるようなディフェンスを見せる。また、攻撃でも単純なカウンター狙いの縦一辺倒というわけではなく、繋げるところは繋ぎ、攻め急ぐことはしない。

迎えた24分、マルサルのロングパスに抜け出したトコ・エカンビは戻ったガルシアがブロックするも、こぼれ球をコルネがダイレクトで蹴り込む。トコ・エカンビに備えてゴールを飛び出していたGKエデルソンには成す術がなく、VARでもゴールが認められ、リヨンが先制する。

先制を許したシティだが、依然としてリヨンの構える守備ブロックに手を焼き、思うようにシュートチャンスを作れない。前半終了間際には、左サイドからデ・ブライネがアウトサイドで入れたパスがエリア内右に走り込んだスターリングへと渡る。しかし、ややトラップがずれてからのシュートはコースを消したコルネとGKロペスがブロック。リヨンが1点をリードして試合を折り返した。

後半に入っても攻撃のペースが上がってこないシティは56分、フェルナンジーニョを下げてマフレズを投入し、4バックへと移行。キャプテンマークはデ・ブライネが引き継いだ。

これに対し、リヨンも守備時は5バックに移行。より強固な守備ブロックを形成する。

65分にはゴール正面やや左、24メートルの距離からのFKをデ・ブライネが直接狙うも、落としきれずゴール右上へと外れる。

69分、マフレズの縦パスをエリア内左に走り込んだスターリングが受け、中の動きをよく見ながら折り返す。これを中央に走り込んだデ・ブライネがダイレクトでゴール右へと流し込み、攻勢のシティが同点に追いつく。

追いついたシティは勢いづき、73分には左サイドからカットインしたジェズスが右足でシュート。ゴール左隅を捉えるが、これはGKロペスが横っ飛びではじき出した。

75分、追いつかれたリヨンはデパイ、デュボワ、ギマランエスを下げてデンベレ、テテ、チアゴ・メンデスを投入。3人を一気に入れ替える。すると迎えた79分、高い位置でボールを奪い、アウアルのパスに対してオフサイドポジションのトコ・エカンビがスルー。オンサイドで抜け出したデンベレがGKエデルソンを破り、リヨンが勝ち越しに成功する。

再びビハインドとなったシティは84分、ロドリを下げてダビド・シルバを投入。86分には、エリア内右で縦に仕掛けたジェズスの折り返しが、ファーポストでフリーのスターリングの下へ。しかし、押し込むだけのシュートはゴール上へと打ち上げてしまう。

するとその直後、ロペスのゴールキックから前線でキープしたレネ=アデレードのパスをペナルティーエリア手前左からアウアルがシュートを放つ。そこまで球威は強くなかったが、これをGKエデルソンがまさかのファンブル。こぼれ球をデンベレが押し込んでリヨンが追加点を挙げる。

堅守を誇るリヨンに対し、2点差はあまりに重くシティに圧し掛かる。アディショナルタイムの5分間も集中した守備でシティにゴールを許さなかったリヨンが準決勝進出を決めた。勝利したリヨンは19日の準決勝でバイエルンと対戦する。CLベスト4の顔ぶれは、ドイツ2チーム(バイエルン、RBライプツィヒ)、フランス2チーム(PSG、リヨン)となった。

■試合結果
マンチェスター・C 1-3 リヨン

■得点者
マンチェスター・C:デ・ブライネ(69分)
リヨン:コルネ(24分)、デンベレ(79分、87分)

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング