News サッカーニュース

CL準々決勝で敗退のアトレティコ、主将コケ「いつものようにまた立ち上がるさ」

2020年8月15日(土) 0:21 

 


アトレティコ・マドリーは13日のチャンピオンズリーグ準々決勝、RBライプツィヒ戦を1-2で落とした。MFコケは試合後、相手の方がプレーで優っていたことを認めている。

49分にダニ・オルモの先制点を許したアトレティコは、ジョアン・フェリックスのPKで一時同点に追いついたが、88分にアダムスの追加点を許して敗戦。優勝候補の一角とみなされながらも、準々決勝で姿を消すことになった。

アトレティコ主将のコケは、ディエゴ・シメオネ監督と同様にこの敗戦が妥当なものであったとの見解を示している。

「残酷な敗戦だったか? あらゆる時間帯で彼らの方が優っていた。彼らの方がより速く、激しかった。相手の方が優れていれば、うまくいかなくなるものだ。ただ相手を祝福して、試合の反省をしなければならない。僕たちは彼らのインテンシティーに並ぶことができなかった。1-1にして自分たちが勢いづいたときに、彼らの追加点が決まってしまった」

「辛いのか、それとも悲しいのか? 両方だね。負けるときは辛く、悲しい。今大会はいつもとは違うもので、1試合しか存在しなかった。3勝で優勝にたどり着けたが、そうできなかった。僕たちはこのチャンピオンズに大きな期待を抱えていたんだけどね。いつものように、また立ち上がるさ」

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング