News サッカーニュース

ゴディンが明かすインテルで苦戦のワケ「アトレティコと戦い方が違う。今になって監督を理解」

2020年8月12日(水) 0:23 

 


インテルに所属するディエゴ・ゴディンが10日のヨーロッパリーグ(EL)レヴァークーゼン戦終了後、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じて自身の今シーズンについて語った。

ゴディンは昨夏、9年間所属したアトレティコ・マドリーを契約満了により退団。2022年までの契約を結んでインテルに加入した。しかし、アントニオ・コンテ指揮下では長年にわたって慣れ親しんだアトレティコとは異なる戦い方に苦戦。リーグ戦での先発が18試合にとどまるなど、本来の輝きを示せない時期が続いた。それでもウルグアイ人DFは常にチームのために努力を続けてきた。

「長い間、違うシステムでプレーしてきたこともあり、今になり指揮官が何を求めているのか理解できるようになった。戦い方は違うが、今は自分の状態も良いしチームに重要な貢献ができると思っている。どのポジションが一番好きか?ピッチだよ。常にね(笑)」

「ただ、僕にとってはサッカー選手である前に人間的な部分が重要だ。ロックダウン(都市封鎖)中はハードにトレーニングに取り組んだし、ベンチに座っていたときも常にプレーしている選手をリスペクトしてきた。僕は常にチームを最優先にしている。重要なのはインテルの勝利なんだ」

EL準々決勝レヴァークーゼン戦では、先発したゴディンの貢献もありインテルが2-1で勝利。インテルDFは、シャフタール・ドネツク対バーゼルの勝者と対戦する準決勝へ目を向けた。

「簡単な試合にはならないだろう。一発勝負なので決勝のつもりで次戦に臨みたい。ELにおいては、チャンピオンズリーグにも頻繁に出場しているチームもいるのですべてのチームをリスペクトしなければならない。難しいとは思うが僕らの状態は良い。この調子で進んでいきたい」

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング