News サッカーニュース

2季連続CLラウンド16敗退も…レアル・マドリーは今夏放出を最優先に。総額224億円の売却望む

2020年8月12日(水) 0:10 

 


今季マンチェスター・シティに敗れ、チャンピオンズリーグ(CL)では2シーズン連続でラウンド16敗退となったレアル・マドリー。しかし、今夏の移籍市場の方針は変わらないようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。

先日のCLラウンド16第2戦で、マンチェスター・Cのホームに乗り込んだレアル・マドリー。しかし主将セルヒオ・ラモスが不在の中、ラファエル・ヴァランが激しいプレスを受けて2失点に絡んでしまい、1-2と敗戦。2試合合計2-4で準々決勝進出とはならなかった。

レアル・マドリーは、S・ラモス不在時のCL直近7試合で6敗と厳しい成績となっている。今回の敗退でファンから補強を求める声も上がっているようだが、クラブの方針に変わりはないようだ。

『マルカ』によると、コロナ禍の影響で財政的ダメージを受けるレアル・マドリーは、今夏は選手放出で1億8000万ユーロ(約224億円)を稼ぎたいと考えているという。すでにアクラフ・ハキミら4選手の放出で6000万ユーロ(約75億円)を得ているが、残り1億2000万ユーロの収入を確保するつもりのようだ。

売却候補としては、先のマンチェスター・C戦でメンバー外となっていたハメス・ロドリゲスとギャレス・ベイルに加え、セルヒオ・レギロン、ヘスス・バジェホ、ボルハ・マジョラルらが挙がっている。今季セビージャへレンタルされていたレギロンの市場価値は3000万ユーロ(約37億円)と見られており、エヴァートンなどが興味を示しているようだ。

またルカ・ヨヴィッチはオファー次第で売却を認めるようで、ルカ・モドリッチとルーカス・バスケスの去就も不透明なようだ。さらにダニ・セバージョスは、今季レンタルで加わっていたアーセナルが契約を望んでいるという。

一方で、レアル・ソシエダへレンタル中のマルティン・ウーデーゴールについては、今週中にも決断するようだ。選手自身は復帰を否定していないが、ファーストチョイスになることを望んでおり、残り契約が1年となったモドリッチの去就次第で決定すると見られている。

10日には久保建英をビジャレアルへ1年間のレンタルで放出したレアル・マドリー。引き続き、人員整理を最優先に進めるようだ。

(提供元:Goal.com

このニュースについて語ろう!

みんなのコメント
  • 新着順
  • いいね順

News 新着ニュース

News ニュースランキング